神々の棲む里~遠山郷~

地域の宝を伝える。人形劇フェスタ セントラルパーク。

人形劇フェスタ 2014
せっかく世界中から来てくれるのだから
この地域の宝物でおもてなししたいなぁ。ということで
セントラルパークの玄関は遠山杉と間伐材。
入り口には、人形劇のルーツである今田人形、黒田人形の写真や映像ギャラリーを設置。
そして地元の美味しい食文化や、ごみゼロをお伝えするブースで
今年は更に皆さんと交流してみました。
とにかく、県外のお客さまが多くて、びっくり。

飯田のお祭、りんごんと重なる日。
いろんなイベントや祭に行くけど
こんな汚い祭りは初めてだ!ありえないよー、こんなゴミだらけ!
と、悲しいお言葉もいただきましたが

フェスタには毎年来てる。というリピーターの方が沢山いることも知りました。

そしてそして、沢山の嬉しい交流もありました。

10572081_807083786003091_2043490660641751009_o


【遠山郷きざわ茶】は
ペットボトルのお茶に慣れてるだろう中学生の
『うわ!旨い!』の一言から、ボランティアスタッフの皆が
お茶が美味しい!と何度も来てくれたり。

『遠山茶って、よくいただくんだけどねえ。なんだか、ちょっとねぇー。』
という、60代くらいのお母ちゃんたちも
『あらー!美味しいわ』と、驚いてくれたり。

外国や、県外のお客様も、お土産にほしい!と言ってくれたり。

その皆々さまに、遠山郷の素敵な文化をお話することができたり。

10498614_807083736003096_1631731729387015625_o

10547912_807083822669754_295270427696672196_o

【森の恵み 鹿ソーセージ】は
持ち帰りもほしいと戻ってきてくれる方も沢山。
なぜ鹿が増えちゃったのか。とか
増えてどうなったのか。とか
いのちのこととか
猟師さんのこととか。美しい村や森のお話をお伝えすることができました。

【いちご豆乳スムージー】は
完熟ギリギリまでイチゴを育てる今田平のおばちゃんたちの話や
白砂糖の話から始まる食の話。
とくに、女性やママたちが気にしているってことも知りました。

食とアート。人にとって欠かせないものであるからこそ
人と人のコミュニケーションも、こんな風に深められるんだと
気付きをいただきました。

実行委員長の原田さんが、このフェスタの数日は
人形たちにもいのちが宿り、沢山のいのちが交流します。
というようなことをお話されていて
それを体感した今年のフェスタ。

嵐の中、ハプニングもあったけれど
それがまた、久しぶりに会う仲間との愉しい時間となったり
活動に関わる沢山の皆さんと、顔を合わせてお話できたこと。
本日、一周忌な父と、数年前に作ったタワーも今年も無事、会場に飾れたこと。

素敵な時間をありがとうございました。
10535733_807083892669747_6141924732538334663_o 10468474_807083856003084_3508106913072818627_o

 

地元の宝で祭デコレーション!

遠山杉、間伐材だと伝えるだびに、全ての皆さんが、\そりゃーいい!/と言ってくれる、この地域。素敵だー。10257199_803754119669391_4979418206354889716_n

今年は、遠山杉や間伐材を加工、ツルについては山から切り出すところから始めて
人形劇フェスタ セントラルパークの玄関が出来ました。
すでに沢山の方々が立ち止まって、しばらく見上げてくれます。

10487355_803754286336041_2231757873393680485_n 

 

とっても嬉しいことに撮影スポットにもなってたー!やっほーい!
地域の資源でお祭りを飾ることができるなんて
とてもとても幸せだなぁ。(*´∀`*)

 

 

人形劇フェスタ セントラルパークは、7日から!

10308382_803754189669384_1441885014989194924_n

皆さんと会えるよう、ブースも出します。

今年のミシュラン掲載店 自由が丘 Le joujouシェフと、

無添加ソーセージでお馴染みのさんさんファームと

日本で最も美しい村 中川村の猟師さん、有機無農薬の大島農園さんとコラボの
【ナチュラル鹿ソーセージ】

【遠山郷きざわ自然栽培手摘み冷茶】

【今田平いちごの豆乳スムージー】

【自然栽培 善光園の抹茶ソイラテ】

などなど販売してます!是非、遊びにおいでなんしょー!

10553619_803754226336047_7130548316914225952_n10553555_803754433002693_1771106398582883962_n

10390051_803754383002698_3681316963619423408_n

made in 遠山郷

【人形劇フェスタ2014 セントラルパーク装飾】
遠山杉の加工に、遠山郷へ。
まずは、道具に感激。
早速教えてもらいながら
慣れて愉しくなってきた頃には、作業終わっちゃいました。チーン。

それにしても、ぜんべさんの木工製品は凄かったです。
今製作中の楽器、鍵盤のひとつひとつ、中の曲線、なにもかも。
美しかったー。。。((o(*゚∀゚*)o)))
あんなもの、こんなもの、いろいろ創りたくなったので
皆とまた行こうと思います。

以前、遠山で作った器も
本日手元に届きました!

遠山木沢で育ったお茶を、遠山にて作った器でいただく贅沢!

 

10530928_793022960742507_7262285841138469889_n


 


 

 

 

 
10513368_793023094075827_5854211407904582500_n

 

10478662_793023044075832_4616593002655778096_n

10527316_793022867409183_5251357244188849719_n

 

10505510_793033664074770_6191148074692584838_n

 

1926651_793022927409177_6162431259537939738_n

人形劇フェスタから遠山郷

今年の人形劇フェスタ セントラルパーク装飾。
遠山杉 を使います。
遠山木沢の勇さんに繋げてもらった製材やさん。
有り難いご縁になりそうです。
地元の材木を使えるなんて、なんとも、嬉しい!!(*´∀`*)
もっともっと身近なものにしていきたいな。
10317604_789918824386254_266772434973863752_o

遠山郷 木沢にて

いちねんごと、同じ景色と物事に触れて
すべてのものが歳を重ねていることに気づき、
ああ、死に近づいていくんだなというような感覚を味わう。
昨年いた人が居ない。今いる人が居なくなっていく。
当たり前のことの、貴重さを、ずしーん。
いつもの木沢の道を寄り添い歩く二人の後ろ姿に
大きくなったなあと、とても、有り難く思った霜月まつりの夜。
集まれと言わずとも、集ってくる場所。
誰のものでもないんだ。という木沢の会長の言葉が
とても染み入る。
馴染みの神社、みんなで『ありがとう』を祈った八幡さまにて
お祓いをしていただいた今年は今年で、
ものすごく、だからこそ意味があったのだなあと
また教えられました。
1073932_678294145548723_1025602616_o

初の試み!

お茶楽隊,久々にみんな揃って嬉しかったです^^

冬ごもりの準備。。。

落ち葉を集めて堆肥づくり。
畑には粉糠と炭をまきました。

これからお茶の木、葉っぱたちは
栄養を蓄える時期に入るのだそう。
頑張って今年の冬も乗り越えてもらいたいです!

綺麗な青空と紅葉で
今日も遠山郷はとってーーも
素敵でした*

みずき

1415493_593691467369856_383761551_o

来年に向けて。

979915_666800456698092_380109194_o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋葉街道合戸峠で落ち葉拾いと茶畑ふゆごもり整備。
あとは、微生物くんお願いします!
ムードメイカー重人さんの久々の登場。やっぱり、愉快。
遠山の皆さんと結い繋がる茶畑。
神々の棲む里 遠山郷木沢にて。

善光園さん伊那谷へ。

1466053_660920180619453_628283831_n
お茶の歴史は6000年。農薬の歴史はまだ60年。
無茶をして何かを失うことなく、自然に寄り添って、その恵みをいただけるんだということと
なにより、これは美味しい!! というお茶に巡りあえたことが嬉しかったこのご縁。

静岡より、有機・自然栽培で『大地の命茶』を育てる善光さんファミリーとWWOOFで来日してる台湾人のさいちゃんが、訪ねてきてくれました。


お茶の育て方指導は、たっくさんあって、どれがいいのか、さっぱりわからなかったのだけど
どのタイミングでなにするのか。
それは、茶の樹の成長を支えることになっているのか。
それは、市場に合わせた、要するに人間の都合の話なのか。

自然に、無理することなくお茶がイキイキ育つ環境とは
沢山の命が芽生える豊かな環境であること、土も森も川も海も
そこに生きる命が活き活きし続けられるような環境になっているかということ、

どの命も苦しむことがなく、自然の命の循環のなかに関われているかどうかを
考えていくことが

創る。育てる。という人間の役割なんだなぁ。ということを含めて
茶の樹が育つ畑の作り方を教えていただきました。
畑は命を育む家と似ていて、農法と暮らし方の根っこは同じなんだなー。

おっと!!!
善光さんの『大地の命茶』は、てくてくさんにて販売中。
ぜひ、お茶を飲むという贅沢時間と一緒にお試しあれー!!!!

美味しくてビックリするに。

 

Load More