鶏と麦の宴

鶏と麦の宴 2017 1月。

1211 再び参加の方、過去に参加していただいた方のお仲間など
皆さんのメッセージが広がり
大雪の中、県外からの参加も。感無量。( i _ i )
食べることに向き合うこと。
そのむこうに、たくさんの関わりといのちがあること。
みなさんと互いに感じあった優しい気持ち。
この数年の宴のことも思い出しました。13.jpg

ご一緒していただき、ありがとうございました。

14.jpg

次回は2月12日、13日の2回。
お待ちしています!
https://www.facebook.com/events/1557259047623770/

10.jpg

鶏と麦の宴

【ワークショップ参加費】
3500円(1家族・・・大人2名子供2名まで)

【内容】
●美味しい鶏のさばき方 (1グループにつき1羽解体をします)
●参加者の皆さんでとっても贅沢なランチ
●お肉となった『鶏一羽』美味しい命のスープセットのお持ち帰り。
(スープセット・・・鶏一羽、有機野菜、月桂樹の葉、タイムなどのハーブ)

【昼食代】 1人 500円
とっても贅沢なランチです。
・丸ごと鶏と有機野菜の命のスープ
・幸せな鶏の卵かけご飯!
(じっくりコトコト煮こまれた命のスープ。
餌はもちろん、暮らす環境まで手間も、愛情もしっかりかけられた鶏の卵。
無農薬絹田米。とっても贅沢なランチです。)

食材の用意があるため
\できるかぎり/
開催10日前までに 参加のお知らせくださいね

4回開催します。
ご都合の合う日にぜひ!

ご予約は、下記FBイベントページから、または
メール にて info@fop-jp.net

1月9日(祝)
https://www.facebook.com/events/1020795358025200/

1月10日(火)
https://www.facebook.com/events/967298730068818/

2月12日(日)
https://www.facebook.com/events/1557259047623770/

2月13日(月)
https://www.facebook.com/events/1783168961923454/

【前回の様子】
http://fop-jp.net/5319-2/

【3年前の様子はこちら】
1回目
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/blog-entry-293.html
2回目
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/blog-entry-302.html

 

お申し込みはこちらのフォームからも可能です☆
http://fop-jp.net/niwatoriinfo/

鶏と麦の宴 2016。今年もありがとうございました。

…家族をいただく。

今回の鶏と麦の宴に参加した皆さんが絞めて食べた鶏は
家の中で我が子と一緒に暮らしていた鶏だと
奥さんのトモちゃんが、宴の最後に話してくれた。

鶏は、雄と交尾しなくても無精卵を産む。
雄がいなくても、卵はいただくことができる。

だけど、オスのいないメスの鶏たちは、すぐ弱いものを虐めたり、喧嘩したりするのだそうだ。
オスがいることで、調和して、穏やかになるのだという。

オスは、夜明けになると
コケコッコーとなわばり宣言や求愛を大きな声で叫ぶ。

これが、近所迷惑だと言われたため、いったん、雄と引き離したのだけど
やっぱり、鶏の気性が荒れてしまい

絹田ファミリーは
今の下條村に移転した。

毎日の作業と引越し、子育てに追われて
新しい鶏舎がなかなか建てられなかったとき
絹田ファミリーと同じ屋根下、隣の部屋で、鶏たちは暮らしたのだそうだ。

動物が大好きで、子供の頃に獣医になろうと思っていた奥さんのトモちゃんは
動物と共に生きたいと思い、同じ大学、同じサークル(牛飼いのサークル)だった旦那さんと畜産を目指した。

鶏、猫、犬、やぎ。お野菜も同じひとつひとつ、大事に可愛がって育てたいのちだという。

トモちゃんは、鶏を絞めながら
『よく頑張ったねぇ、ありがとうね。』と何度も、何度も呟いていた。
わたしは、最後まで鼓動の響きがなくなるまで、両手で抑えた。

想い出すと
今だって、泣けてくる。
鶏のいのちのスープは、とてもとても、美味しかった。

『我が子のように可愛がってきた鶏のいのちが、
皆さんのカラダに変わるだけでなく
皆さんの心にも、このいのちが残せたことを
本当に、有り難く思います。』

と、トモちゃんは、話してくれた。
トモちゃんの涙を見たのは、初めてだった。

それまで誰かが大事に育てた家族と言えるひとつのいのちを
自分が生きるために食べる。
もしかしたら、近い将来は、自分育てた大事ないのちを
食べるときが来るかもしれない。

これは特別なことではなくて、当たり前なこと。

これからも、泣けるほどに美味しいということを
何度も、ちゃんと想い出して生きたい。

目の前の景色が変わると、忘れてしまうものだから
年に一度。この時期、ここでしかできない、特別な食事を
これからも、続けていこうと思う。

皆さんも、ぜひ。
大事な人と、ぜひ。

12688060_1111938125517654_6145448887153545711_n

12715377_1111938602184273_3739053309302055138_n 12717657_1111938608850939_4523202651141589080_n

12744029_1111938615517605_8624129234664909636_n 12745803_1111938618850938_561828428503633350_n

鶏と麦の宴2014 ~幸せの鶏編~vol.2

美しすぎる景色を目の前にして
涙溢れてしまうくらいに、命と向き合い
親子と、パートナーと、仲間と支えあって
とっても贅沢な食事に
手を合わせて、

『いただきます』

鶏と麦の宴 2014 -幸せの鶏編ー vol.2

各家では、きっと、コトコトと命のスープが煮込まれ始めたかな・・・。

みなさんのそれぞれの手に、心に、刻まれた言葉にならない大切なこと。
きっと美味しいスープになってくれると思います。

1781215_710866332291504_102497368_o 1614235_710866315624839_331756930_o 1799175_710866272291510_1467884260_o 1888686_710866365624834_1169920910_n 1039683_710866348958169_1790638440_o

鶏と麦の宴 2014 ~幸せの鶏編~

2014年、初イベント。『鶏と麦の宴2014-幸せの鶏編-』
連日準備。みんなでいただく命のスープ用に
皮剥ぎをなつねと瑞希がチャレンジ。
現在、絹田くんの黄金の小麦をコネコネ打ったりとランチの準備。
おかげでキッチンに笑顔と会話がたえず在って、幸せです。

農園も、キッチンも、家族も、ひとりひとつの命も
みんな幸せに繋がる。
とても大切なことを私たちも教えられています。
1505129_692223434155794_1915534952_n 1506546_692223420822462_228472218_n 1496237_690658944312243_754117798_o 1500760_690658980978906_1462380546_o 1526531_690931370951667_1384230622_n 1521700_690931307618340_1182725715_n

命をいただく。

998300_660914017286736_1008393525_n
「この瞬間は、やっぱり嫌ですね。」
『でも、ここを避けて命をいただくことはできないもんね。』
育てる人、創る人の命の会話。
お役目が終わった鶏を有り難くいただきました。
美味しい鶏すきを囲んで、小さな命の成長を喜びながら団欒。
同志にいただいた月桂樹の葉と大好きな有機農家さんのお野菜と
共に、3日煮込んだ
命のスープも、ふわぁぁあっと、身体に染みこみました。
これは、やっぱり、みんなとシェアしたい。
ちょっと、先になったけれど、鶏と麦の宴。皆さんもう少し待っててね。