Monthly Archives: 10月 2012

結い村 七色百田

最新式★脱穀機を使って、28birdの結い村人が脱穀祭!
おもしろかったー!!!!
足で踏み踏み、お米バチバチ。
弾ける稲の感触、めっちゃ気持ちよかったー。
今度は、とうみだって。
621376_473315392713267_605723001_o

七色百田は、ファーマーズヘブン。ランチは、いつも、ホントにスペシャルです。
今回は、、なーんと。我が村の最新マシーン。
先日完成したロケットストーブ 「おくたゴン」の晴れやかなデビュー!
具だくさんの けんちん汁。
& 先日、一足先に精米された 七色百田生まれのコシヒカリを
相変わらずの高速炊飯釜 ぬかくど で、いただきます。
そして、みんなの持ち寄りバイキング。

あ!デザートは
夏休みのガキ大将なみに、大人男子が長ーい竹で林の中をつつきまくって
沢山のアケビを採ってくれたのでした。
あぁ。おなかも、心も、喜びでいっぱいです。

621684_473317802713026_1662208490_o

先人の足跡。

アンバマイカ 遠山郷オールキャストが集まってた!
熊伏山を貫通する三遠南信道。新しき道によって消えゆく先人の智慧を
ちゃんと、この目で見ておこうって集まっていた。

665545_472531459458327_117991779_o

伊那谷に文化が運ばれてきた先人の足跡。
明治の宿帳には
徳島の人形づかい がいたり、
御岳の行者がいたり。

人から伝わってきたことが、リアルにここに記されていてワクワクしたよ。
「墨だもんで、ちゃんと残るんだに、他のもんは駄目だに消えちゃうでな」
木沢の松下会長が言う。

和田のたかねさんも「パソコンのデータは、何かあればすぐ消える。
地球の磁気が少しくるえば、終わりだでな。」

「写真もそうだに、デジカメで撮ったやつは、色が変わっちゃうでな。だんだん薄くなっちゃうしなぁ。フィルムなら残るんだに」

便利になって、誰でも、簡単にいろんなこと残せるけれど
簡単な記録は、簡単に消えてしまうこともあるんだね。

江戸時代の釘が一本も使われていない広ーい間取りの建築。
地震にも、災害にも耐え、江戸時代から今に至るまで残されてきた建物。
有限な資源をふんだんに使える現代だけど
この智慧、今、必要とされているんじゃないのかなぁ。

消えていくもの
失われていくもの
それは、時代の自然な流れ。
でも、伝えていかなくっちゃいけないことがあるかもしれないね。